コンタクト通販のQ&A

コンタクトレンズを通販で買う上で、みんなが気になってしまうようなことをQ&Aでまとめました。具体的な商品に関しての質問は、コンタクトレンズを販売しているメーカーや通販ショップに直接問い合わせるようにしましょう。

コンタクトレンズは通販で買っていいの?
通販で購入することはできます。気になるのは処方箋の問題でしょう。通販でなく販売店で直接買う場合、事前に検査を受けるのが普通です。ただ、処方箋がなく購入することに対して、法的に禁止されているということはありません。なので、ネット通販も問題なく利用できるのです。しかし目の健康を考えれば、はじめてコンタクトレンズをつけるときの検査はもちろん、定期的な検査も怠るべきではありません。
レンズデータはどうやって手に入れる?
コンタクトレンズを購入するには、DIA(レンズ直径)、PWR(度数)、BC(ベースカーブ)といった項目のレンズデータが必要です。眼科で検査をすれば、レンズデータ(処方箋)をもらうことができます。詳しくはレンズデータの見方のページを参考にしてください。
コンタクトをはめた後、なんだか目の調子がおかしいのですが…
すぐにコンタクトの使用をやめて、眼科に診てもらいましょう。コンタクトをとってしまうと、普段の生活もままならない。そんなことにならないよう、コンタクトと併用でメガネも持っていた方が良いでしょう。
通販で買う際に気をつけることはありますか?
入力するレンズデータの数値を間違えないようにしましょう。価格と内容量は、必ず最新の情報を参考にしてください。箱数によって、送料が上乗せされることもあります。 あとは、届くまでの日数や、サポート体制の有無も確認しておきましょう。
個人輸入の代行による販売って、どういうことですか?
コンタクトレンズは、個人輸入という方法で、海外からでも取り寄せることができます。しかし実際に個人で輸入を行うとなると現実的ではありません。そこで代理業者、通販ショップの登場です。消費税不要で安く買えるなど、海外発送ならではの魅力があります。ただし、一度に購入できる箱数が制限されていたり、お届け日数が長いことにも注意です。

ページトップへ

コンタクトレンズ販売をしている通販サイトは多数。検査はきちんと受けてから購入しましょう。