レンズデータの見方

自分の視力、瞳に合ったコンタクトレンズを購入するには、レンズデータが必要。BC、PWR、DIA、この3つのデータを、コンタクトの注文時に入力しなければいけません。データは眼科で処方箋として提出してくれますが、各データが何を示しているか、簡単に知っておきましょう。

レンズデータ

レンズデータ
BC (BaseCurve)
レンズのカーブの度合い、どれだけ湾曲しているかを表す数字です。
数値が小さいほどカーブが大きく、数値が大きいほどカーブが小さいことを示しています。
PWR (Power)
PWRは、度数を示しています。数値が大きくなるほど、度が強くなります。
「0.00」は、カラーコンタクトなど、度数の入っていないものです。
DIA (Diameter)
ンタクトレンズの直径を示す数値で、単位は一般的にmmが使われています。
乱視用(CY、AX) 、遠近両用(ADD)
乱視用レンズを注文する際には、上記のほかにも、CY(円柱を示す数値)、AX(軸を示す数値)という数値も必要になることがあります。また、遠近両用のレンズを注文する際には、ADDという手元補正用の数値が必要となります。

ページトップへ

きちんと定期的に検査して、コンタクトの処方箋、レンズデータを確認しましょう